MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

【YD-2TC】よく曲がるボディにします【塗装】

これまで使っていた『GOODYEAR Racing b324R』は、ハイグリップ時に捲れにくい「低重心」なボディでした。
しかし最近のヨコグラでは、出走台数が少なく路面が上がらないため、ハイサイドとは無縁の状況です。重心が低すぎるボディでは、ロールが少なく旋回性能が悪くなるばかり...

そこで、そこそこ重心が高く、オーバーハングの短い『TOYOTA 86』ボディに載せ替えることにします。(ドリフト用ではなく、グリップ用の1/10 TOYOTA 86です。)
IMG_0894a
現在、谷田部のYD-2TCスケールクラスで、最も使用率が高いのが86ボディだったりします。続きを読む

【YD-2S】シーソーダンパーのテスト~その2【もっと速く】

すっかり扱い易く別モノとなったYD-2Sですが、谷田部の本コースで走っていると、周りの車との速度差が気になりました。
ライン取りを見てみると、コーナー立ち上がりで外に流さず小さく向きを変えて、素早く加速体制に入っています。
試しに立ち上がりのラインを真似てみましたが、加速時のトラクションが明らかに劣っている...(´・ω・`) リアタイヤにかかる荷重が足りていない感じです。
そこで、リア荷重を増やすために、ESCをリアに乗っけてみることに。
IMG_0882a
ディフューザーは小さい方が旋回性が良くなるということで、SD用のリアバンパーにしてみました。
続きを読む

【YD-2S】シーソーダンパーのテスト~その1【別モノの走り】

先週のシェイクダウンから考えうる対策を全てとって挑んだ、YD-2Sテスト2回目。
IMG_0874a

先ずは、シーソーダンパー仕様のYD-2Sユーザーの方々から、セッティングの状態についていろいろチェックしてもらいます。
続きを読む

スプリングのマーキング補修

スプリングの固さ分けの目印として端っこに色が付いていますが、使用しているうちに剥がれて見えなくなってしまいます。そこで、このマーキングを塗り直してやります。

手軽さと発色の良さで、三菱のペイントマーカーを使います。
IMG_0815a
用意したのは、ピンク、レッド、イエロー、ブラック、グリーン、オレンジ、パープル、ブルーの8色。これでタミヤとヨコモのスプリングのマーキングをカバーできます。
続きを読む

【YD-2S】シーソーダンパーステーを作る

YD-2 Sのシェイクダウンの時に、フロントをシーソーダンパーステーにした車を操縦させてもらったのですが、その安定性と操作性にカルチャーショックを受けました。
「これは採用するしかない!(`・ω・´)」
という訳で、手持ちのジャンクパーツを使って作ってみます。

使用するのは、DIB RSのフロントダンパーステー。
良い感じに中央に丸穴が開いているので、これをシーソーの支点にします。
IMG_0833a
中央の穴を6mmに拡大し、下側の出っ張りをカットします。続きを読む

【YD-2S】ホイールの内側エッジ加工

Sになって、リバウンド側のストロークが大きくとれるようになったため、これまでのドリフト用ホイールではアッパーアームにホイール内側のエッジが干渉するようになってしまいました。
RPブランドのドリフト用ホイールは、この内側のエッジが面取りされて干渉しにくくなっています。

そこで、従来ホイールを加工してみました。
IMG_0844a
タイヤセッターでホイールを回しながら、リューターでエッジを削ります。続きを読む

カテゴリ別アーカイブ


RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd
月別アーカイブ

楽天市場
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気