MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

ダンパーのメンテナンス

前回の駆動系フルメンテに続いて、タミヤのTRFダンパーのメンテナンスについて、私なりのやり方を解説しようと思います。
作業を手早く進めるためにも、『エアリムーバー』は用意しておきましょう。
今回は、TRFの『コンペティションOリング(蒼いヤツ)』を使用します。シリコンオイルに対しても膨張が少なく、スムーズな作動が長持ちするそうです。
0ff191ee.jpg

先ずはダンパーをバラして、各パーツをクリーナーで洗浄します。TRFダンパーって結構なパーツ点数ですね。
686a8f38.jpg

ちなみに、古くなったOリングはこんな感じに膨らんでいました。シリコンオイルに触れていると、徐々に膨張して動きが渋くなるので、Oリングの交換タイミングは、使用頻度よりも使用期間を目安にしましょう。私の場合、月一回くらいで交換するようにしています。
2ff7ac95.jpg

交換用のOリングにはアソシの『グリーンスライム』をたっぷり絡めておきます。

シリンダーにOリングを組み込むときは『グリーンスライム』で隙間を埋めるつもりで盛り、スペーサーカラーではみ出た分も押し込むようにします。
3b41983e.jpg

こうすることで、オイル漏れが少なくなるのと、この後のエア抜き作業が楽になる効果があるので、めいっぱい盛っておきましょう。

キャップを閉めてピストンシャフトを差し込んだら、先ずはオイルをシリンダーの9分目くらい注ぎます。ピストンを数回動かしてオイルを廻したら、シャフトを半分ほど縮めた状態でエアリムーバーにセットします。
a45d5593.jpg

この状態で、エアーをめいっぱい抜いて気泡がなくなるまで待ちます。(10分くらい)
6943debc.jpg

そうしてダンパーを取り出してから素早くシャフトを完全に伸ばすと、ピストン裏の気泡が上に出てきます。この気泡はOリング周囲に残っていた空気で、普通にシャフトを伸ばした状態でエアリムーバーを使う場合にしつこく残ってイライラするニクイヤツです。ピストンを途中位置に止めておくことで、シリンダー内の空気と一緒に抜くことができるので、時間短縮になります。
46ba0c40.jpg

この状態からオイルをシリンダーのふちまで入れて、エアリムーバーで軽くエアーを抜いて気泡が出ないのを確認します。

ダイヤフラムはオイルに浮かべるように置いてから、棒を転がすようにしてしっかり押さえつけます。
13049212.jpg

あとは上キャップをしっかり閉めて、シャフトを押し込んでからの戻りがそろっていれば完成です。といっても、この手順で組めばダンパーの仕上がりがばらつくことはまずありません。
63d80f3e.jpg

メンテのついでに、アルミバルク導入

タミグラも近づいてきたので、TA05の駆動系をフルメンテすることにしました。
9c963614.jpg

今回はベアリングを全部交換します。スクワットなどの高級品だと経済的に辛いので、パワーズのお徳用(10個で800?1000円)を半年に一回の頻度で全交換してます。
転がり抵抗軽減のため、洗浄ボトルに入れてクリーナーで脱脂してから、ベアリングルーブを注油。
5d6ac945.jpg

駆動系をバラすついでに、アルミバルクを導入することにしました。
68bce64f.jpg

前後で1万円近くかかるため、新シャーシまでためらってましたが、TA05もVer.2が発売され、もうしばらくシリーズとして継続しそうなので、思い切って導入することにしました。
5a368bfd.jpg

テンション調整のカムが416と同じコンパクトな形状になり、デフの位置も低く設定できます。IFS用のフロントバルクは左右が分割されていて、デフも丸見えでかっこいいですな?
スタビ取付けのための溝がバルク側に掘られていて、しっかり位置が出るようになってます。
リアはダンパーステー取付けのためのステーでアッパー側はつながってます。
d83d2b06.jpg

ばらした足回りやステフナーを取り付けて、メンテ終了です。
c5720b53.jpg
ac918275.jpg
7c2670aa.jpg

蒼さも増して、イイ感じです。デフの状態も確認しやすくすっきりした印象ですが、重量は20g弱増えました。
走行した感じでは、デフが下がった影響で切り替えしが早くなりました。

全日本模型ホビーショー(その他)

プロポメーカーを廻ります。

サンワではブラシレスアンプの新型(LRPのSXX)と、M11X専用の新型レシーバー『RX451R』が出ていました。よりハイレスになるそうです。
7cb9338a.jpg

また、M11X基盤を使った、スティックモデルとミドルクラスモデルが発表されていました。実質、入門機以外はすべてM11Xとなります。
32f325be.jpg


KOプロポでは、やっとまともな2.4Gプロポが出ました。
『EX-10ユーラス』-従来比3倍速だそうですが、筐体はヘリオスのままです。ミニッツモジュール互換の呪縛からは抜け出せなかった模様。
ステアリングホイールの大径化とアジャスト式トリガーが付いたくらいです。
80211c3e.jpg

モジュールと差し替えるとセッティングアダプタにもなるらしいですが、だからといって、4PKやM11Xユーザーが買い換えることは無いだろうな。
a53edcde.jpg


今回は、各社からLiPo/LiFe関連商品が発表されていました。
特にチャージャーの低価格化が進んでいるようで、アトラスの新型は10A充電可能で¥13,800です。
f66f81e8.jpg


<タミヤ編>
<京商&ヨコモ編>有り

全日本模型ホビーショー(京商&ヨコモ編)

京商ブースに行ってみます。メインは1/8エンジンとミニッツですが...
4bd84272.jpg

『アルティマSC』-噂のショートコーストラックがありました。詳細は不明
07df14aa.jpg
5875c062.jpg
56011766.jpg

『ピットバックL/M』-インナーがプラダンで強そうです。1/8バギーも入るLと、1/10用のMの2サイズが出ます。10月出荷予定
08a17a76.jpg

『ミニッツ用LiFe』-R246ブランドでLiFeと専用充電器が出ます。煩わしい単4ニッ水からの開放!
4958d7ae.jpg

『ORIONレーススペックLiPoチャージャー』-?ようやく形になってきました。発売はいつになることやら。
c8bafd2a.jpg

『ORION LiPoストレート&サドルパック』-ORIONブランドでサドルパックも出ます。セルも新型で容量も増えてます。
d43c9f82.jpg
57ef3a23.jpg


ヨコモブースです。相変わらず「ドリパケ」だらけですね。

『BL-PRO用プログラムカード BL-YBP』-ブラシレスアンプBL-PROは単体での調整がめんどくさかったので、これはすぐにでも予約したいです。11月上旬発売
0b496c8b.jpg

『LiPoサドルパック』-ヨコモブランでのLiPoに、サドルパックが追加です。Oラウンドレースでも使用できるので、購入予定に追加。
b45aeb3f.jpg

『D-MAX』-B-MAXのセンターバルク流用の新型ドリフトシャーシ。
1a1366c9.jpg

『フォーミュラニッポン(参考)』-ついにヨコモがフォーミュラのカテゴリーに進出!でも関係ないかな(´・ω・`)
87dbad65.jpg


<タミヤ編><その他>有り

全日本模型ホビーショー(タミヤ編)

幕張メッセで開催されたホビーショーに行ってきました。
deaff16f.jpg

開場10分前で1000人以上並んでます(=_=;

今回の目的は、タミヤブースの物販でNSX2005軽量ボディを購入することなので、先ずはタミヤブースに!
16be94d6.jpg

速攻で買い物を済ませてから、ブースの展示を見て回ります。
『TRF416X』-前後バルクが変更されているようです。詳細は今月のRC雑誌に出ています。しかし、また5000円くらい値上がりしてるw
056429e4.jpg

『TA05IFS Ver.2のオプション』-アルミモーターマウントと強化ステフナーが12月発売。
20cfd421.jpg

『カローラAXIO(TA05IFS Ver.2)』-タミヤならではの造形。でもトヨタ車なので買いませんw
d6ebed81.jpg

『M05のオプション』?ステアリング周りのアルミパーツと、待望の「まともなボールデフ」がついに出ます!
48e28a96.jpg

『FIATアバルト500アセットコルセ(M05)』-このボディは欲しいかも。
f7d8e04e.jpg

『初音ミクBMW Z4(TT-01)』-グッスマのステッカーも09バージョンが出ますが、こっちのほうがお得です。
dbf5db29.jpg

『フェラーリF40(F104)』-ゴムタイヤ仕様になったようです。カーペットでまともに走るのか?
782b710a.jpg

『LiFe ACチャージャー』-「AC仕様なら使い勝手良さそう」と思ってみてみると、ACアダプタ仕様でした。でも色が蒼い!
0faf6b03.jpg

『VOLACブラシレスBL2』-LRPの「SXX」のOEMですので性能は文句なし。実売価格も安いのでアリです。
30acdbbc.jpg


<京商&ヨコモ編><その他>有り

ショートコーストラックのレース

今回のラウンドレースでは、アソシの『SC10』やトラクサスの『スラッシュ』で行われる『ショートトラッククラス』が初めて行われました。
09855d72.jpg

見た目が車っぽく、分かりやすい形ですが「とにかくデカイ!」です。
シャーシや足回りは1/10のモントラと同程度でで、それをフルカバーするボディがのっかるので、全長40cm以上あります。
なんとモーターはデフォでブラシレスの10.5Tなので、この巨体がジャンプでは空中高く舞い上がったりします。
16a8e5b3.jpg

大きなボディでロールしながらコーナリングする様子は、質感満天でした。

オフロードでトリプルエントリー

今日は谷田部アリーナのオフロードラウンドレースに出ました。
76248473.jpg

前回ビギナークラスを卒業したので、今回は2WD、4WDそしてビンテージクラスの「トリプルエントリー」という暴挙に出ました。
練習+予選2ヒート+決勝で、都合12本走ることになります。

「練習でもこんなに走んないよ(・_・;」

2WDは『アルティマRB5SP』、4WDは『B-MAX4』、ビンテージは『JJアルティマ』です。
f98969af.jpg

2WD・4WDはいわゆるオープンカテゴリーなので、ブラシレスモーター&LiPoまで使用できます。

いざ、練習走行に入りましたが、これまでのストッククラスでは、ヨコモの27Tでしたので、速度域の次元が違います。同じサスセットだと、とっちらかって転倒(・∀・;

もちろんレース前に散々谷田部に通って練習してセットも詰めましたが、レース当日の路面は「水まき&ほうき掛け」でグリップがいつもよりあがって、スピードが1ランク上がってる?(ヤバイくらいに)
おかげで、これまでのセットでは車が吹っ飛んで逝きます。

予選でセット出すしかないよな?ということで色々やってみましたが、

「ダンパーを固めるとギャップで転ばないけど、ジャンプ姿勢が変わってしまうのね(´・ω・`)」

ということを、身をもって知る結果になりました。

2WDはDメイン、4WDはCメイン(ビンテージは全員決勝)でとパッとしない結果に終わりました。
決勝も予選順位よりは下がることはありませんでしたが、表彰台は遠いOTL

まあ、今回の教訓を次回に生かしていこうと思います。

耐久のエントリー用紙きました。

11月1日開催の「タミヤ耐久レース選手権」のエントリー用紙が届きました。
3e5ef6cd.jpg

東京大会の翌週ということで、スケジュール的には厳しいのですが、
メンバーが集まれば出ようと思います。
月別アーカイブ
記事検索


Youtube
youtube_bnr180
YOKOMO
YRF001W
IMG_1099a

ZEN RC Circuit

TAMIYA
RACING MAN TGS
オンボードカメラ
IMG_1099a

YATABE

MF-01X
ドリフト
オンボードカメラ
IMG_1099a

RCHIROBA

TA07 PRO
シェイクダウン
IMG_1099a

谷田部アリーナ

DIBラリー
TEST走行
IMG_1099a

YRオフロードパーク

GF-01
練習走行
IMG_1099a

レジャラン太田

GF-01
シェイクダウン
IMG_1099a

レジャラン厚木

MF-01Xで
ドリフト
IMG_1099a

谷田部アリーナ

MF-01X
シェイクダウン
IMG_1099a

Y・Rラリーコース

RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd

楽天市場
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気