MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

GT500を谷田部でシェイクダウン(`・ω・´)

購入・組立てからかなり時間が空きましたが、やっと今日、GT500を谷田部で走らせてきました。
IMG_1008

シェイクダウンということで、各部のセットはマニュアルのまま。
タイヤは、F:ソフト/R:Gソフトです。
ボディは谷田部お勧めの『SC430』を使用します。

バッテリーはLi-Po2800を2本用意し、充電は1Cで。
IMG_1006a

先ずは、純粋に車の動きを見るために、グリップ剤は使わずに走らせてみます。

この状態だと、弱アンダーでコントロールはとっても楽チンです。
スロットルを抜いて、スルスルとコーナーにアプローチし、クリップからスムーズにステアを戻しつつ加速するといった、RWDらしい手応え。
M-04やM-06とよく似た操作感です。

「これは、走らせて楽しい!(・∀・)」

1本目は車に慣れるための完熟走行。
2本目でタイムアタックし、今日の基準タイムとします。

で、そのタイムですが”22.336秒”でした。
IMG_1010a
見た目でもそれほど速くないし、まあこんなもんでしょう。

さて、次はグリップ剤を使ってどう動きが変わるかを見ることにします。
続きを読む

ドリフトマスターの足回りをBD5にする。

2月のヨコモGP会場でTN RACINGさんのピットに立ち寄ったところ、オモシロいものをいただきました。

次期新商品という、この段付の金属シャフト。
IMG_0985a
細い部分は2.5mmで、真ん中は3mmになっています。

いったい何かというと、TN RACING BLOGでも紹介されている『ドリパケ用DRBサス対応サスピン』です。
1299727933a
もう店頭には並んでいると思います。

これを使うと、ドリパケ等のSDシリーズのサスマウントに、DRBやBD5のサスアームを取り付けることができるようになります。

DRB(BD5)の足回りに換えることで、車が前に出るようになるとのこと。

「ならば、いまヨコモGPで使っているドリフトマスターの足を、BD5にしてやろう!(`・ω・´)」
続きを読む

充電器周りをコンパクトにするアイテム等

Li-PoやLi-Feバッテリーになって機材が少なくなったとはいえ、ピットで結構場所を取る充電器周り。

よくピットで見かけるのが、ホームセンターで売っている折りたたみ式ラックで積み重ねる方法です。

しかし、普通に売っているものは結構大きく、一般的な会議テーブル(奥行45cm)ではかえってスペースをとってしまいます。

で、いろいろ探して見つけたのが、この『ABS樹脂製 積み重ね棚ラックワン』シリーズの”ミニ” (`・ω・´)つ
IMG_0978a
幅約245mm×奥行き約180mm×高さ約185mmと、かなりコンパクトです。
さらにこのサイズが絶妙で、ハイペリオンの充電器の奥行にピッタリ。

2段重ねで下に電源、真ん中に充電器、上にバッテリーのレイアウトでも、テーブルの上の占有スペースはわずか。
IMG_0976a

電源と充電器を重ねて1段だけで使用すれば、さらにコンパクトに。
IMG_0977a

続きを読む

GT500のタイヤを組む~ホイルはピンクで!(`・ω・´)

HSVのキットに付いているレイズのシルバーホイルが、やっとパーツで発売されたので、タイヤを組むことにします。
IMG_0964a
このホイル、形状はすでに発売されているGTR付属の『レイズ』と同じ。
成型色も同じ黒ですが、表側のみシルバー塗装されています。

「形状が同じなら、『黒レイズ』でもいいんじゃネ?」と思われるかもしれませんが、重要な理由があって、これまでタイヤを組まずに待っていたのです。

それは...

「ホイルをピンクにしたいから!(`・ω・´)」

IMG_0972a
続きを読む

タミヤから東京大会中止の封書が来ました。

週明けの14日に、タミヤのサイトでイベントに関するお知らせがありましたが、本日、タミヤから”「第65回、第66回タミヤグランプリin東京」開催中止のお知らせ”が届きました。
IMG_0963a

今回はすでに申し込みをしていたので、同封した切手160円分が返却されてきました。

なお、次回の東京大会は6月25日、26日になるそうです。

その前に、静岡耐久(4月24日)があるので、そちらにエントリーすることになると思います。

ヨコモのGT500を作る~ボディ仕上げ

塗料を丸1日しっかり乾燥させ、組み立て&ステッカー張りに入ります。

先ずはHSVから。

プラパーツ(リアウィングとミラー)を組み立てます。
IMG_0936a
相変わらず、ヨコモのプラウィングは凝った造形をしていますネ。

2mmのネジでボディに取り付けます。
IMG_0954a

デフューザーは付属の両面テープで組み立て。
IMG_0938a

ボディへの取り付けは両面テープでとマニュアルで指示がありますが、クラッシュなどの衝撃に弱いので、シューグーで固定しました。
IMG_0941a
続きを読む
月別アーカイブ
記事検索


Youtube
RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd

楽天市場
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気