『初代アルティマ』は旧車ゆえデフは「ギヤデフ」です。
密閉式なので、中に硬いグリス(アンチウェアグリス等)を入れることで、調整可能ですが、走っているうちに柔らかくなって駆動が抜けてしまいます。
また、ハイグリップ路面では駆動系に逃げが無いので、ギヤが破損する恐れもあります。
そこで、『アルティマPRO』以降にオプションで登場した「ボールデフ」を組み込んでみようと思います。

まず、部品取り用にジャンクのアルティマをオークション等で探してきます。
今回入手したのは、ほんとに外観は初期のままですが、「ボールデフ」がついているという点で選んだ車です。
d6336636.jpg

足回りやホイールもきれいなので、その辺のパーツもスペアとして活用できそうです。

では早速、バラしてみます。
バルクやサスマウント、サスアームとハブは問題なく使えそうですね。
b127f15c.jpg

ギヤ関係は外回りは壊滅的ですが、ボールデフ用のギヤは使えそうです。
fefd2381.jpg

デフジョイントは削れているので廃棄ですが、実はこのパーツは『レーザーZX』の時代まで共通パーツなのです。
手持ちにあった『レーザーZX』からデフジョイントを拝借し、ギヤを洗浄してから組み立てます。ボールは3mm×10個、スラストとネジは京商の現用品がそのまま使えます。
ケミカル類に最新のものを使って組みなおすだけで、非常にスムーズなデフになりました。
a9f59e86.jpg

あとは、これを『JJアルティマ』に組めば完成です。
今週末には谷田部のラウンドレースなので、何とか間に合いました。
当サイトのリンクバナーです。
05876249.jpg

※RC Maniaxさんに相互リンク申請中です。
0cbefa3b.gif