週末のレースに備え、B-MAX4の駆動系を総点検します。

かれこれ半年近く使ってきたので、ベアリングは全交換することにしました。
足回りは1050、デフは1812、センターシャフトは1050と1480、スパーは1510を使用します。
CIMG1224a
京商のテフロンシールベアリングは、コスパがいいのでおススメです。

先ずはB-MAX4をバラバラにします。
CIMG1225a

ベアリングをチェックすると、フロントハブ外側はほぼ死にかけ。
クラッシュのダメージをモロに受けるので、ここは毎回チェックしたほうがよさそうです。
スパーの所もグリス切れでかなり怪しい。

こういった回転部のロスが積み重なって負荷が掛かると、モーターやアンプにも良くないよね(´・ω・`)

で、これらベアリングは全部新品に交換します。

バラシついでにボールデフもオーバーホールしておきます。
密閉式のギヤボックスなので、プレートもボールも綺麗なもんです。
とりあえずクリーナーで洗浄して、グリスを入れ替えます。

ユニバも全部バラして洗浄&グリスアップ。
CIMG1226a
TRFのジョイントグリスは、長持ちしておすすめです。
なお、クロススパイダーのネジには必ず『ネジロック剤』を使用しましょう。

以上で駆動系のパーツは一通りメンテ完了!
CIMG1227a

センタースパーとスリッパーですが、リア側のカップとボーンが激しく磨耗していました。
CIMG1229a
ちなみにフロント側は無傷でした。

ここまで逝ってるとさすがに不味いので、パーツを買ってきて交換します。
CIMG1230a

更にスリッパーをバラしてみると、スパーのセンター磨耗してガタガタ!
センターがぶれて、角度によってバックラッシュが変わてるよ!
(゚∀゚)アヒャヒャ
CIMG1234a
当然、スパーも新品に交換します。

後は、スリッパーパッドとプレートの表面をきれいに慣らして組みなおし。
CIMG1235a
右が交換した廃棄パーツ(2千円強)です。

メンテしたパーツを元に戻して
CIMG1236a
CIMG1228a
ついでに、足回りに異常がないか確認します。

後はレースに向けて、忘れ物がないように準備するだけです。(`・ω・´)ノシ