2.4GHzのMINI-Zのプロポは、これまで『KT-18』(通称パーマンバッジ)を使っていましたが、分解度が低くて操作がぎこちなく、調整もトリムとエンドポイントがあるだけで、必要最低限といった感じでした。

せっかくシャーシを色々いじったし、プロポもステップアップしようということで、
『パーフェックス EX-5UR ASF』を導入しました。
CIMG2310a
KOプロポのEX-5シリーズということで、機能がてんこ盛り!(・∀・)

< ステアリング系セッティング機能 >

  • ステアリングモニター
  • ステアリングデュアルレート
    (左右個別または左右同時に調整可能)
  • ステアリングトラベル
    (左右個別または左右同時に調整可能)
  • ステアリングカーブ
    (切り始めのレスポンス調整が可能)
  • ステアリングスピード
    (ステアリングのスピード調整が可能)
  • サブトリム

< スロットル系セッティング機能 >

  • スロットルモニター
  • スロットルハイポイント
  • ブレーキ
  • カーブ(前進側)
  • カーブ(ブレーキ側)
  • ABS(強さとスピードが調整可能なポンピングブレーキ) 

< その他機能 >

  • 7台分モデルメモリー
  • リバース
  • モデルネーム
  • モデルコピー
  • モデルリセット
  • アジャストボリューム
しかし、ココだけはいただけません。
CIMG2311a
ステアリングが”ゴム”です。(´・ω・`)

ということで、早速交換します。

用意したのはスクエアの『ワイドリム メッシュ ステアリングホイール』と『取付アダプター(KO用)』
CIMG2313a
スポンジはサンワの『ワイドステアリングパッド』に交換しています。
いろんなメーカーのスポンジを試してみましたが、使い慣れたサンワ製が一番しっくりきます。

ノーマルのゴムホイールを取り外し。
CIMG2314a
アダプターを3×10mmのタッピングビスで取り付け。
CIMG2315a
キャップビス5本でアルミホイールを取り付けて交換完了。
CIMG231a
CIMG2318a
見た目もタッチもグレードアップ!(・∀・)

この週末に、早速試そうと思います。