タミグラに、『M-06ワンメイク』と『GT IFS』のダブルエントリーすることにした訳ですが、M-06に掛かりっきりで、IFSマシンはまったく走らせていませんでした。

「さすがに、一回も走らせずにレース参加はマズイだろ...(・∀・;)」

ということで、レース前日の金曜日に、稲毛のカーペットコースで走らせることに。

今回使うのは、『TB-03』
IMG_0610a
ブラシレス18Tを使用し、パワーソース的に差が少ないので、ギヤ比と駆動効率で有利なシャフトドライブを選択したわけです。

しかしこのマシン、タミグラで使った記憶といえば『ストチャレD2』のみ。
いわゆる、『ドリフト大会』...

「グリップ走行のデータなんぞ、ありゃしない~(゚∀゚)アヒャヒャ」

さて、どうしたもんか...
とりあえずは、同じシャフトドライブでデータの有る、『TB EVO5MS』の足回りを参考にしつつ、走らせてみる事にします。

と、その前に、今回使用するタイヤを準備します。

レギュレーションで、ミディアムナロータイヤ指定なので、先日発売された『ファイバーモールドタイヤ TYPE-C』を使うことにします。
IMG_0606a
「カーペットに最適!」とあるので、これでイイや。

インナーも、それなりに無難な『モールドインナーM』
IMG_0607a

しっかりクリーナーで脱脂してホイルに組み付けます。
IMG_0609a
ホイルに対し、ちょっとブカブカ気味なので、接着するときはゴムバンドで固定しておきました。

タイヤの準備ができたら、早速コースイン!

まあ、世の中そんなに甘くない。
”初期が曲がらない”&”回り込まずに車が止まる”と最悪です。
IMG_0611a
ラップタイムも、「なんじゃ、コリャ(ノ`Д´)ノ」

TYPE-Cタイヤは、うたい文句どおり、カーペットとの相性はイイ感じ。
車の動きを観察し、いじるべきポイントを探ります。(`・ω・´)フムフム

大体の方向性がわかったので、ピットに帰って足回りを一気に変更!

フロント周りは、ピッチとロールがやわらかすぎて底付きし、タイヤが仕事をしていません。
IMG_0614a
  • リンクのダンパー側に、0.5mmスペーサーを追加して固めます。
  • アッパーアーム取付け部のスペーサーも、2.5mmに上げてロール剛性を上げます。
  • リバウンドは3mmにして、舵残りを減らし、切り返しを早くします。
  • コーナーでの失速感をなくすために、Fナックルのタイロッド位置を前側にし、アッカーマンをきつくします。
リア周りは、ロールが足りてないのでコーナリングスピードが低く、コーナー奥で車が止まる。
IMG_0612a
IMG_0613a
  • ダンパーを1段寝かせ、アッパーアーム取付け部のスペーサーを2mm→1mmに下げ、ロールしやすくします。
  • リバウンドは4.5mmに設定して、ロール量も増やします。
「多分これで、それなりに走るんじゃないかな~」と期待を込めてタイムアタック開始!

「おぉ~、さっきとは別物ですョ(・∀・)」

ステアリングもしっかり利くし、コーナーも早くてスムーズ。
何より、楽に走らせられるようになりました。
IMG_0615a
ラップタイムも、0.5秒ほど良くなって安定しています。

「とりあえずのエントリーなので、コレでイイや!(・∀・)」

タイヤを左右入れ替え、もう1パック慣らしをし、都合3パックでセッティング終了。
これでタミグラに臨みます。

日にちが変わって土曜日のタミグラ本番。
IMG_0618a
ボディーはIFS指定の『EBBRO 350R』。

バッテリーは3年物のNi-MH 3700HVですが、とりあえず参加なので問題ナシ。
一応、走行前の追い充電はやっておきます。

<予選1ヒート目>
ゼッケン5番で前列スタート。
案の定、2コーナーで混乱に飲まれ、後方に下がります。

1ヒート目はマシンの動きに慣れるのが目的ですから、順位なんて気にしない~( ̄∇ ̄)

コースのグリップ感と、マシンの挙動を確かめるために、コーナーアプローチを色々試してみます。

「シャフトドライブって、こうやって走らせるんだったよな~」
過去の記憶を手繰りながら、徐々にペースを上げていきます。

気が付けば3番手でゴールし、10週/2分4秒で総合暫定23番手。

<予選第2ヒート>
今度は後列スタートなので、慎重に前の車を見ながらコーナーに侵入します。
大きな混乱もなく、2番手に。

今回のコースレイアウトは中間加速区間が多く、シャフトマシンには結構向いていることもあり、ベルトドライブのTA05勢を面白いように抜いていけます。

周回遅れも余裕を持ってかわし、10週/2分2秒でゴール。
総合29位で、Cメイン9番グリッド確定です。

<Cメイン決勝ヒート>
決勝ともなると路面もすっかりきれいになり、シャフトにはありがたいグリップ感。

コーナーの進入ではTA05勢に詰め寄られますが、立ち上がり加速を生かし1週ごとに順位を上げていきます。

「とりあえず参加クラスだけど、楽しー(・∀・)」

3分間のレースで、最終的に4位まで上がりました。


ブラシレスモーターレギュでのシャフトドライブは、強力な武器になります。
今シーズンは、もっとまじめにTB-03を使ってやろうかと思いました。