ヨコモGPで『ドリフトマスター』を使うことになったため、これまで使っていた『ドリパケ』が余ってしまった。

オプションもそれなりに突っ込んだので、このまま眠らせるのももったいないし.....(´・ω・`)

ということで、ヨコモの『ドリフトミーティング』に参加してみるのもアリかと思い、本格的にドリフトを始めてみることにしました。

ドリフト初心者なのですが、ブラシレスモーターやLi-Poなどの機材があるので、とりあえず『スポーツクラス』から始めてみようと思います。

レギュレーションで、「シャーシはヨコモ製」とあるので、TNコンバージョンのシャーシを元に戻します。
IMG_1022a
シャーシ以外のダンパーステーなんかは、TNのままで行きます。

今回は、せっかくドリパケでドリフトをやるということなので、”ケツカキ”に挑戦してみることにします。
しかし、ゼロからのスタートなので、とりあえずヨコモのサイトに上がっている、鈴木所長のセッティングを参考にさせてもらいます。( ̄▽ ̄;)

で、用意したのがまず、ヨコモのドリフトタイヤ『ゼロワンR』
IMG_1023a
組み立てるときに、タイヤクリーナーをスプレーしながら作業すると、簡単にはまります。

次に、”ケツカキ”の肝となる『フルカウンターソリッドアクスルセット』
IMG_1024a
スタンダードな1.5倍にしてみました。

説明書に指定があったとおり、ベベルギヤに付属のシムを2枚入れます。
IMG_1029a

ギヤが金属製なので、ブラックグリスをしっかり塗っておきました。
IMG_1031a

フロントデフは、ワンウェイ→ボールデフに変更。
IMG_1032a

あると便利な『バンパーウェイトセット』
IMG_1025a

バンパーの中に、30gのウェイトが仕込めます。
IMG_1026a

最後に、カウンターステアに必要なステアリングワイパーは、すでにHSスズキ製が入っているので、タイロッドの取り付け位置を一番外側にしてみました。
IMG_1033a

ステアを切ると、こんな感じになります。
IMG_1034a
ちなみに、Cハブはストッパーを削って切れ角を増やしてあります。

ダンパーオイルは、前後ともアソシの#20にしてあります。

スプリングは、TNのスーパーソフト~ハードまで全て揃っているので、実際にサーキットに持ち込んでから、いろいろ試すことにします。

しかし、いきなりの”ケツカキ”仕様で、まともに走れるのかどうか....

まあ、何とかなるさっ!(・∀・)