RC初心者のfamicomplexくんと一緒に、サーキットに行ってきました。
彼の使用するマシンは『TT-01R TYPE-E』。丈夫で組立ても簡単、その上フルベアやCVAダンパー、ミディアムナローラジアルタイヤにライトチュ-ンモーターなど、RCを始めるにはおすすめのシャーシです。
IMG_1573a

これにオプションで『OP-792 アッセンブリーユニバーサルシャフト(39mm)』を入れてあります。

ボディーは本人の好みで、HPIの『フォード GT ボディー(200mm/WB255mm) 』。幅200mmなのでTT-01には大きくタイヤが引っ込んでますが、どうせ走らせるなら自分の好きなボディーが一番でしょう。
IMG_1580a
ルーフにCCDカメラが載ってますが、これもRCの楽しみ方のひとつ。

メカ類はKOの『EX-5 UR 2.4G ドリフト用VFS-FRセット』で、付属サーボも『PDS-2501 ICS<ロープロタイプ/スピードタイプ/6.0V/GP&EPカー>スピード:0.12sec/60°、トルク :7.4kg・cm』と必要十分。
充電器は、先月発売されたばかりの京商の『AC/DC C-50Wバランスチャージャー&ディスチャージャー』。AC電源内蔵でコンセントで使えるし、Ni-MH用に温度センサー付、Li-Po&Li-Feにも対応、ケーブル類は全て付属しているので、初めて買う1台としては間違いナシ。価格も定価で1万円以下。
IMG_1358a

バッテリーはヨコモの『LiPo4000 7.4V 28C』で、これが2本あれば1日中遊べます。

TT-01のセッティングはMachine仕様。きちんと走る車で練習することが、実は一番大切なことだったりします。まともに走らない車だと、操縦に変な癖が付いたりするので、初心者は特に車をしっかり作ることが必要です。

【フロント】
IMG_1597a
  • ダンパーオイル:#400
  • ダンパーピストン:1穴
  • スプリング:ミディアム(ショート)
  • キャンバー:-1度
  • トーイン:-1度
  • 車高:5.5mm
  • リバウンド:3.5mm
【リア】
IMG_1596a
  • ダンパーオイル:#400
  • ダンパーピストン:1穴
  • スプリング:ハード(ショート)
  • キャンバー:-1度
  • トーイン:2度
  • 車高:6mm
  • リバウンド:5mm

デフは前後ギヤデフですが、スロットルを抜いてやればしっかり曲がるようになっています。ステアリングも切っただけ曲がるので、雑な操作がモロに影響します。
そんなマシンでのfamicomplexくんのサーキット2回目(延べ走行10パック)の走りはここまで上達しました。


ステアリングの左右はもう大丈夫ですね。次はスロットルの抜き方と、ステアリングをコーナーのRに応じてじっくり切る練習ですね。

こちらは車載カメラの映像。