前回の練習でそこそこセッティングも詰まってきた『GT500』ですが、一緒に走っているヒロくんのHSVに比べると、ラップタイムで0.1秒ほど遅い...(´・ω・`)
IMG_2739a

ちなみに前回のベストタイムが”10.286秒”
IMG_2858a

とにかく、SCは回りこんだコーナーで向きが変わるまで時間がかかる。その点、HSVはロールが大きく速いので、減速してのタイトターンがとにかく速い。スポーツコースだと、ストレートから外周を回り込んでのS字入り口と、そこから立ち上がっての3連ヘアピンの入り口。
スポーツコースのパイロンが、テツジン製の青×白のゼブラに変更になりました。
o0480064311526221604

若干コース長が変わったので、前回のセットのままタイムを計ってみると、”10.396秒”と0.1秒分コースが長くなってました。
IMG_2891a
このタイムを元に、セッティングを詰めていきます。

減速からのコーナー進入では、マシンのロールが大きくなります。このときのターンを良くするには、フロントタイヤのリバウンドを増やして、イン側のタイヤにもしっかり仕事させるようにします。
キングピン下のスペーサーを”1.5mm”→”1mm”に減らし、
IMG_2888a

車高の上がった0.5mm分をインナースプリングサスアームの車高調整スクリューで下げます。
IMG_2889a
こうすることで、リバウンドが0.5mm増えます。

さらにフロントのインリフトを抑えるために、リアの車高調整スペーサーを”-1mm”に下げます。
IMG_2892a

コーナー奥でもフロントタイヤがしっかり効いて、ターンスピードが大幅にUP!減速からのターンはHSVの域には届きませんが、S字の2つ目や3連ヘアピンのスピードは感動もの。
タイムも”10.150秒”と0.2秒以上の更新です。(・∀・)
IMG_2890a

後は、減速からのターンインをいかに速くするかです。
ヒロくんのHSVは「フロントダンパーを外すと曲がりが良くなった」ということでしたが、私のGT500は『縦バッテリー仕様』なので、ダンパーを外すとステアリングがピーキーになって、外周でとっ散らかってしまいます。
そこで、フロントダンパーのオイルを”#450”→”#300”にしてみます。
IMG_2893a

狙い通り減速からのターンも改善され、HSVと走ってもしっかり付いていけるレベルにはなりました。
タイムも”10.104秒”とさらに更新。10.1秒台もちらほらと、アベレージも良くなってます。
IMG_2895a

さらに、速度変化の少ない3連ヘアピンの切り返しでは、HSVをしのぐスピードで引き離すほどに。さすがは『縦バッテリー仕様』といった感じで、前後の加重移動が少ない場面でのステアレスポンスは感動的です。
このパーツを作ってくださった、mtabeさんに感謝です。ヾ(´ω`=´ω`)ノ