年の瀬も迫った12月29日。今年最後のラジに、谷田部にやってきました。
今回持ち込んだのは、『GT500』と『RFコンセプト』、
IMG_3575a

それと『TA06』の計3台。
IMG_3576a
一緒に来ていた仲間が、TA06をグランプリコースで走らせていたので、先ずはこいつから。

なぜかボディーがHSV-010しかなかったので、リアのアッパーアームのスペーサーを、内外共1.5㎜にして、ロールを抑える方向に。
IMG_3577a

最初の1パック目はMNラジアルで走ってみましたが、寒くてズルズル。直ぐにピットに戻って、TYPE-Cに履き替えます。
IMG_3578a

ラジアルよりはまだマシですが、グリップが希薄。コーナーイン側のフェンスにリアを引っ掛けて、「バキッ」となったと思ったら...

IMG_3580a
シャーシが千切れました。(TДT)

ホイール、サスアーム、サスピン、サスブロックは全くの無傷。なのに、シャーシだけがパックリ。
10度以下の気温では、強化シャーシは脆かった。
TA06が終了したので、次は『GT500』を、スポーツコースで走らせます。
セットは、GT全日本の時のままで、タイヤをF:ラジアルミディアム/R:ラジアルソフトにしました。

で、普通に良く走ったので、次回のヨコモGPもこのままのセットで問題なさそうです。
問題があるとすれば、「回らないモーター」くらいでしょうか...

ということで、さらに2個買ってきました。
IMG_3582a
下の2つは完全に外れ。11000rpm以下のゴミモーターです。

新しく買ったうちの1個目は、回しはじめから振動ががががががっ。
11400rpm/1.7Aと、これまたハズレ。

2個目はスムーズに回って、期待大!(・∀・)
2時間ほど慣らして計測すると、12210rpm/1.84Aとまあまあの値です。
IMG_3583a

手持ちの中では一番いい調子なので、2012シーズンは、このモーターを使っていくことにしました。

モーターを慣らしつつ、『RFコンセプト』を走らせます。
セットはヨコモGPで走った時のままですが、コーナー入口の反応が悪い。ステアを切ってから、曲がり始めるまでのタイムラグが大きく、予測切りを強いられます。
タイムはかろうじて11.7秒台が出たくらいで、ほぼ11.8秒台。
IMG_3581a
前回のレースのベストタイム”11.151秒”には遠く及びません。

「寒くてタイヤが食わないのか?(´・ω・`)」

『RF用タイヤ』を『タイプTソフト』に変えてみるが、大差ナシ。

「そういえば、ツーリングのソリッドデフで、『スチールカップより、プラカップのほうが曲がる』という話を聞いたような...(´・ω・`)』

そこで、ソリッドデフをいろいろ試してみることにします。
IMG_3585a

先ずは、元々付けていた『ALLプラ』に交換。
すると、ステアリング操作に対し、車がしっかり曲がりこんでくるではありませんか!(・∀・)
回り込んでからパワーを入れても、しっかりステアが利いたまま立ち上がってくれます。
タイムも11.5秒台に入りました。
IMG_3587a

次は、カップのみプラに変えてみます。
IMG_3586a

スチールカップよりは曲がるけど、ALLプラには及ばない感じ。
タイムは11.6秒にギリギリかかるくらいです。
IMG_3588a

せっかく買った『強化軽量ソリッドアクスルセット』ですが、『ALLプラ』のほうが早いという結果になってしまいました。(´・ω・`)

ヨコモGPよりタイムが遅いのは、寒さによるグリップ低下が原因ですから、足回りをもう少し柔らかくしたほうがいいかもしれません。
ただし、1月3日の『ハッピー・ニュー・イヤー レース』では、グランプリコースでの走行になるので、当日走らせてみるまでは何とも言えませんね。