2月末のヨコモGPに向けて、谷田部で『GT500』と『RFコンセプト』の練習です。
 IMG_4169a

GT500は、この間買った3個のモーターのうち、12800rpm回るのがあったので、慣らしもかねて使ってみます。

RFコンセプトは、TNの馬場五郎さんがショップにRF用のパーツを納品に来ていたので、早速購入!
『RFコンセプトダンパーステーセット』
IMG_4170a

従来のドリパケ用とはだいぶ形が変わっています。
ボディマウント用に、内側に穴が。
IMG_4171a
ダンパー取り付け穴も外側が1個増え、アッパーアーム用の穴位置も、外側の高さが変わっています。

取り付けるときの注意として、ノーマルが5㎜厚なのに対し、カーボンが3㎜厚なので、ボディマウントをつける際は、2㎜のスペーサーを前後ともはさむ必要があります。 
IMG_4174a
これで穴位置はバッチリ。

走ってみての挙動は、特に変化なし。せっかくの剛性も、SSタイヤにはオーバースペックですな。(゚∀゚)
でも、かっこいいから、良し!(`・ω・´)
IMG_4177a

なお、ダンパー取り付け位置が下がるので、フロントのダンパーエンドは短いタイプが使えます。 
リアはリバウンドの関係で、長いタイプを使います。

今度のヨコモGPは、すべてグランプリコースで行われるので、RFもそっちで走らせます。
ハッピーニューイヤーレースで、トップ争いを繰り広げた車がボールデフ仕様だったので、試してみることに。
IMG_4184a

確かに、コーナー侵入では、ボールデフの方が向きが変わりやすいのですが、現状のセットだと、コーナー奥でインリフトして立ち上がりでトラクションが抜けてしまい、タイムは良くありませんでした。
ボールデフ用のセットを詰める必要があります...が、そこまでやる車ではないので、ソリッドデフに戻して終了。

次はGT500で、 真面目にセッティングしていきます。

フロントタイヤがミディアムだと、楽には走れるのですが、タイムは出ません。速い人たちはフロントにソフトを使っているらしいので、それに合わせてセッティングを変えてみます。
IMG_4179a

まず、フロントスプリングを”スーパーソフト”→”ソフト”に変更。
IMG_4178a

フロントグリップが上がると、HSVボディではリアがバタつきだすので、ロールダンパーを”#400”→”#700”に固め、ロールスプリングも”ミディアム”→”ハード”にします。
IMG_4181a
IMG_4182a

 この状態で、モーターをウィンターカップで使った回らないヤツで走ると、それだけでタイムが0.2秒アップ。

モーターを新しく買ったヤツに交換して走ってみると、さらに0.4秒アップ!!ヾ(=^▽^=)ノ

これなら、何とかレースになりそうです。


で、RFコンセプトは、最後にまたバンパーが割れました。(´・ω・`)