ガンベイドのオプション『2.5tモータープレート』と『モーターファンプレート(ファン付き)』が、いよいよ発売になりました。
買ってきたのは、これら2つがセットになった限定品『モータープレート・ファンセット』
IMG_3247a

ということで、早速比較。
左が、R246仕様についていた2㎜のモータープレート。右がABCの2.5㎜。
IMG_3258a
モーターファンプレートが付く関係上、2.5㎜の方は、後ろが張り出しています。
0.5㎜厚みが増した分、内側がフライス加工で凹んでいます。
IMG_3254a
その分モーターは、0.5㎜左にオフセットすることになります。

ギヤボックスを組み替え、モーターファンプレートを取り付けると、剛性はかなり高くなります。
IMG_3260a
モーターファンプレートの左側は、ステアリングタイロッドをかわすために、えぐられています。

組み上がったユニットを取り付けて完成。
IMG_3262a
 フロントサス周りの剛性も上がって、いいこと尽くめ。

2.5tモータープレートを組むときは、モーターファンプレートのセットで入れることをお勧めします。

組み替えついでに足回りをチェックすると、ステアリングボールが曲がっていました。
そこで、材質の固いジェネティック用のステアリングボールに交換することにします。 

しかし、ジェネティック用はそのままではガンベイドには使えません。
ネジの上にあるリブ径が大きく、ガンベイドのナックルに通らないのです。
IMG_3251a

ガンベイドのステアリングボールのリブ径は4.4㎜なので、同じ寸法までジェネティック用を削ります。
こんな風に、ドリルにボールのネジ部を咥えて、回しながらヤスリを当てて削ります。
IMG_3252a

加工後
IMG_3253a

またいつ曲がるか不安なので、足回りの4本すべてを交換しました。

今度のABCのレースは8月に谷田部で行われるらしいので、それまでにもうちょっとマシンを仕上げようと思います。

その前にある、JRMのRCフェスはどうしようかな?(´・ω・`)