ステアリング周りをチェックすると、ガタがかなりありました。

左のステアリングワイパーのナットが緩んで、ステアリングアームとの間に隙間ができてます。
IMG_1115a

単に緩まないようにネジロックをつけて締め込めばいいのでしょうが、ベアリングが入っていない構造も気に入らなかったので、パーツを丸ごと変更することにします。

ショップをのぞいてちょうど良さそうなモノを発見!

京商のLAZER-ZX5のステアリング周り一式。
IMG_1198a
 
ステアリングワイパーとアームを組み合わせて ナットで締め込む構造が良く似ているし、スプリングが入ってセイバー機能もあります。ポストは5㎜径で、左右のステアリングワイパーに850ベアリングが入ります。

ステアリングワイパーは短い方の穴がABCとほぼ同じ。
IMG_1201a
使わない先端部分は切り取ります。

ステアリングポストは、、ABC:28㎜に対し、ZX5:27㎜とその差1㎜
IMG_1199a
1㎜スペーサーを挟んで、シャーシに取り付けます。

ZX5用はワイパーが低いので、アルミスペーサーでステアリングブリッジの高さを合わせます。
各スペーサーの厚みは、こんな感じ。
kstea
 スペーサーはTOBBE CRAFTの5㎜アルミスペーサーを使用。

材質もカーボン混入でカッチリして、さらにフルベアリングのおかげで作動もスムーズ。
IMG_1204a
 
ステアクランクにセイバーが付いているので、サーボホーンはダイレクトを使います。
IMG_1207a

組み付け前に、ステアリングブリッジの630フランジベアリングの穴がガタガタだったので、瞬間接着剤で固定しておきました。
IMG_1126a
ノーマルのステアリングワイパーでも、このベアリングを接着するだけでガタはかなりなくなります。