発売日に購入→その日に組み立て→次の日シェイクダウンと、期待に胸躍らせたタミヤの新型シャフト4WD『TB-04』でしたが、Li-Fe使用時の左右のバランスの問題や、マッタリとした動きなど、 なんかしっくりこなくてしばらく放置。
その分、M-06にガッツリ取り組めたので、まあいっか!(・∀・)

そんなTB-04に、カーボン強化樹脂パーツ一式が出たので、久々にいじってみることにしました。
IMG_5397a

買ってきたのは、
  • カーボン強化ロワデッキ
  • カーボン強化 T部品(ギヤケース)
  • カーボン強化 K部品(ステフナー)
  • 強化ギヤセット
  • アルミパイロットシャフト(F・R)
  • アルミメイン・ミッションシャフト 
アルミシャフト類はちょっと前に発売されてましたが、シャーシ類総取替えにあわせて交換することにします。  

ちなみにこの作業は、タミチャレ谷田部第2戦に参加しながら行ってますw
カーボン強化樹脂はノーマルのグラス混入ABSに比べて軽くなるので、一緒に交換するアルミシャフトとあわせ、軽量化にも期待できそうです。

ということで、交換前に体重測定。
IMG_5398a
 左右のバランス取用ウェイトを含めて、”1,043g”

組み立て前に、強化パーツにタップを立てておきます。
IMG_5399a
 
タップが終わったら、既存シャーシをバラバラに。
IMG_5405a

せっかくなので、シャーシ単体での重量チェック。
【ノーマルシャーシ】
IMG_5403a
 
【カーボン強化シャーシ】
IMG_5404a
シャーシだけだと、わずか”3g”軽いだけです。 

ギヤは全て強化ギヤと交換。
IMG_5406a
 
シャフト類も全て軽量なアルミ製に交換します。
IMG_5408a
IMG_5409a
こっちの方が、”軽量化”には効果が大きそう。

一通り組み上がってシャ-シを持ってみると、剛性がまったく違います。

同じだけウェイトを積んで体重測定。
IMG_5413a
結果”1,024g”と、”19g”も軽くなりました!

シャーシ左側のセンターバルクやミッションシャフトが軽くなったので、シャーシ右に積んでいたウェイトを半分に減らし、タイヤ、バッテリー、ボディー を付けた状態で体重測定。
IMG_5418a
 タミチャレGTのレギュにある”1,430g”に対し、まずまずの数値に。
ボディーによっては、ギリギリまで絞れそうです。 

テストはタミチャレ後の「谷田部のグランプリコース」で行いました。
先ほどまで同じカテゴリのマシン達が走っていたコースレイアウトなので、様子を見るのにちょうどいい。

他のGTクラスの人たちと一緒に走ってみましたが、
「えっ!TB-04ってこんなに気持ち良く走るの!?Σ(=゚ω゚=;)」
って感じでした。

シャフトマシンらしく立ち上がりが鋭く、コーナーでもきれいなアールで失速無くターン。
ステアリングレスポンスもシャープで、 ノーマル状態とは別モノの動きです。

これだったら、タミチャレのGTクラスに参加しても良かったかな?