3Racing製のM-06用ギヤデフユニットを組み立てていきます。
IMG_6751a
デフケースやベベル等は3RacingのSAKURA FFと共通で、ブルーのアルミカバーがM-06専用パーツになります。 
オフロードでの使用が前提なので、アルミのデフジョイントはオプションのスチール製に交換します。
IMG_6752a

ケース側から組み立て、
IMG_6754a
 
ベベルギヤを入れて、
IMG_6756a
 
オイルをギヤシャフトが浸るくらいまで入れます。
IMG_6759a
付属のオイルは#2000と硬すぎるので、 #900にしました。
 
ふたにジョイントとギヤを取り付け、
IMG_6757a
 
ゴムパッキンを挟んでから、ネジを均等に締めて完成!
IMG_6761a
アルミのふたが、ケースにピッタリ被さる形になるので、シール性は良さそう。

早速完成したデフを、Y・Rオフロードパークに持ち込んでテスト!(`・ω・´)
IMG_6762a
IMG_6764a

走り始めてすぐに、デフによる走りの違いにビックリ!
コーナー入りから出口までが安定していて、立ち上がりでのリアスライドも抑えられています。
さらに、ストレートでの加速も申し分なし。
都合バッテリー5本分走らせてみましたが、終始安定した走行を披露してくれました。
走行後のチェックでも、デフの利きは変わらず、オイル漏れもありませんでした。

オイル封入式のギヤデフは、オフロードでの走行には必須のアイテムですね。(・∀・) 

デフを組み立てている最中にふと気になって、ABCホビーのサイトを調べてみたら…

Gooseのオプションのギヤデフ関連のパーツが同じ形でした。
IMG_6759b
 
パッキン類やベベルは、今度買ってきてみようと思います。
(もしかして、ABCのマシンは3RacingのOEM?)