シャ-シの形が出来上がったので、残っているRCメカ関連の仕上げを行います。

バッテリーをつなぎ、送受信機をペアリングしたら、サーボのニュートラル位置でリンケージを取付けていきます。
IMG_7011a
 
使用するオプションは、ハイトルクセイバーとアルミステアリングロッド。
IMG_7010a
 
ロープロサーボを使用しているので、サーボセイバーの上側にピロボールがきます。
IMG_7012a

送信機のサブトリムでニュートラルを合わせ、次に左右のエンドポイントを、Cハブのストッパーギリギリの位置に合わせます。
このときのデュアルレートは100%にしておき、コース走行時に一番小さなコーナーに合わせて、50%~80%で使用することになります。

モーターは、ラリークロスのレギュレーションに合わせて、ヨコモのZEROブラシレス17.5Tを積みます。
IMG_7013a
Mクラスはギヤ比が5.8:1に規定されているので、回転型が適しています。

Ver.2の特徴として、モーターがセンターに寄せられているため、ピニオンの取付け位置が無印M-05よりも短くなります。マニュアルでは、モーターの面から16mmとなっていました。
そうすると、ギヤセットに付属のピニオン冶具が使えなくなります。

そこで、ギヤ交換で貯まっている冶具をVer.2用に加工してみました。
IMG_6992a
M-05同様ピニオンが外から確認できないWR-02用も作っておきました。

この冶具を使って、ピニオンギヤを固定。
IMG_7014a

モーターケーブル&センサーケーブルは、ステフナーの内側にまわして配線。
IMG_7023a
ESCのキャパシターはサーボの前に固定しました。

もう一回電源を入れて、ESCの初期設定をすれば、メカ関連の設定は完了です。

最後はダンパーの取り付けになります。
>>ダンパー取付け