今更ながら、OPTION No.1の『タミヤMシャーシ用FFコンバージョンキット』を入手しました。
タミヤのM-05はフロント駆動ですが、モーターがフロントタイヤの後ろにあるため”MF”レイアウトです。こちらの方がクセも少なく扱いやすいのですが、RRのM-06に比べて大人しすぎる感じが馴染めませんでした。
そんなM-05をフロントモーター/フロント駆動の”FF”レイアウトのコンバージョンするのが、このキットです。

FFがMFより優れる点は、「フロントトラクション」です。特にグリップの低いオフロードではFFマシンはとてつもなく速く、全日本デビュー時は2WDカテゴリーだったのが後に4WDカテゴリーにレギュ変更されてしまったほど。

Y・Rラリークロスの来シーズンレギュ変更で、コントロールタイヤがグリップの低いタミヤ製ラリーブロックタイヤになるため、RWDのM-06からFWDのM-05への乗り換えを準備していましたが、このタイミングでFFコンバージョンキットが手に入ったのはラッキーでした。

このキットの要となるフロントモーターのバルクヘッド。
IMG_7040a
サスマウントにはスキッドが設定されています。
ギヤはタミヤのMシャーシ用をそのまま使用できます。
IMG_7044a
ギヤがむき出しですが、カーペット路面のラリーコースなら大丈夫でしょう。

サーボはフロントバルク後ろに立てて搭載。
IMG_7051a
平積みも可能ですが、アッカーマンの都合でこちらにしました。

サスアームはタミヤMシャーシ用をそのまま使えます。
IMG_7052a

ただしこのキット発売当時はRaのCハブが出ていなかったので、ダンパーマウントプレートがそのまま使えません。
で、作っちゃいました(・∀・)つ
左が標準、右がRa対応の自作
IMG_7049a
IMG_7050a
剛性アップのために形状を太めにしてます。

ちなみにダンパーはこんな風に動きます。
IMG_7096a

リアバルクヘッドは非常にシンプル。
IMG_7039a
サスマウント取り付け位置の変更で、S寸/M寸の変更が可能。

リアサスは普通の構成。
IMG_7047a
 
ラリーのためにもう1個部品を作りました。フロントバンパーです。
この車はフロントモーターなので、バンパーがほとんどありません。 
IMG_7056a

おなじみ2mmカイダック板で、スキッドプレート兼バンパーを製作。
IMG_7060a
IMG_7061a
前方への出っ張りは最小限に、強度はコの字型にすることで稼いでます。
 
完成したシャーシにメカ類を積み、フロントタイヤの巻上げガードを取り付け、早速Y・Rサーキットに持ち込んでテストです。
IMG_7087a

フロントバンパーは搭載ボディーの都合で上側を斜めにカット。
ダンパーは2穴ピストンにオイル#600、スプリングは蛍光ブルーショート。
IMG_7088a
 
リアは取り付け位置をサスアーム標準位置にして、ダンパーは3穴ピストンにオイル#200、スプリングはヨコモのYR4-BXフロント用イエロー。
IMG_7089a
重量物のほとんどがフロントにあるため、とにかく柔らかくしています。

ボディはライドのエボX(M寸)です。ラリー車として妥当ですよね。
IMG_7086a

タイヤはタミヤのM用ラリーブロック、インナーはソフト。 
IMG_7090a
 
これまでのM-06と比較するために、AKBさんに一緒に走ってもらいました。M-06のタイヤは、今期最強グリップのライドのピンスパイクです。
走らせてみて、FFのトラクションのかかり具合に感動です。RRのM-06と比べても、コーナー立ち上がりに遜色ありません。コーナー入り口ではFF特有のタックインが強めに出ますが、それを利用してライン取りすれば素早くターンできます。コーナー立ち上がりでは、スロットルを握りっぱにしてもまったくふらつくことなく立ち上がっていきます。1パック丸々チキチキしましたが、M-06+ライドタイヤとほぼ同じラップで走れました。

今度はタイヤをタムギアSCに交換して、どこまで速く走れるか試してみます。
前後トラクションが上がり、コーナリングスピードが半端ありません。立ち上がりも出口からにぎり込めしっかり駆動が伝わるので、ストレートスピードもM-06より伸びます。
慣れてきてさらにコーナースピードを上げていくと、ハイサイドするほどに。(これはFリバウンドを減らして対応)
立ち上がりでのパワーオン時の安定感は、4WDよりも高いくらいです。 

来シーズンに向けてのNewマシン準備のつもりでしたが、これなら次の第3戦から投入できそうです。