ウィリーのレースでは、WR-02(2WD)とGF-01(4WD)混走の場合も多いので、戦略の選択肢を増やすべく『GF-01』を作ることにしました。
ちなみに、関連オプション類も出揃っているので、キットで買わずにパーツを集めて組み立てることにします。 

カスタマーから取寄せたGF-01シャーシ。
IMG_7391a
在庫に黒色が無いらしく、ヘビーダンプ用の黄色が来ました。 
さらに組み立てに必要なパーツとして、カスタマーから「5×9mmピロボール」「3×55mmU字シャフト」「5×34mmパイプ×2本」も取寄せ。オプションの「5×50mm軽量ギヤシャフト」は2セット。
IMG_7395a

それでは、ギヤボックス兼シャーシを組み立てていきます。

ここで注意するのが、デフギヤ部のベアリングはめ込みがかなりキツイこと。
IMG_7398a
面イチになるまで押し込まないと、ギヤがきつくてスムーズに動かなくなってしまいます。

ギヤはカスタマー扱いの「WR-02用ギヤセット」を2セット使用。
IMG_7397a
デフは、アンチウェア&ガム混合の固めのグリスを入れて組んであります。
ギヤの歯には、ドライルーブを塗布。

シャーシを合わせて、ネジ止め。
IMG_7399a
 
ダンパーステーのピロボールは破損防止のため、5×9mmのモノを使います。
IMG_7400a

サーボの取付けには、『GF-01 アルミダウンマウントサーボガード』を使用。
IMG_7403a
WR-02用のサイドフレームの前半分を使って、サーボマウントに挟んで固定。
『GF-01 アルミステアリングアーム』も装着。

反対側のフレームは、後ろを3cmほど切って取り付けます。
IMG_7406a
サイドフレームはモーターガードの為と、使用ボディの都合で取り付けました。 

バッテリーに1Sサイズショートリポを使うので、バッテリートレー内にブラシレスESCと合わせて搭載。
サイズ的にぴったり収まりました。

次は足回りの組み立て、そして完成です。 >>続きへ