YD-2のフロントステアリングブロックをアルミ製に交換したことで、重量がノーマルより3.6g程重くなりました。
おかげで、ウェイトを無しでも面圧を稼ぐことができましたが、ここからさらにウェイトを追加したくても、取り付け場所がありません。 ノーマルと違って簡単に穴を追加するのも難しいし、何とか今あるネジ穴を使ってウェイトを取り付ける方法を考えてみます。

すでにノーマル+3.6gはあるので、増やすとしてもあと1~2g程度。
動きの邪魔にならず、加工しない方向で検討し、ステアリングブロックの余っているネジ穴を、真鍮製のホロービスで埋める事にしました。
IMG_9145a
サイズはM3×6㎜。 
重さは、4個で1g=1個当たり0.25gになります。
IMG_9144a

これを、ステアリングブロックの余っているネジ穴に取り付けます。 
上下に2個づつで、計1g。
IMG_9148a
IMG_9146a
穴の深さが約5.5㎜なので、ホロービスのでっぱりも邪魔になりません。 

この方法だと、余ったネジ穴を使って、色々なところで目立たずウェイト調整できそうです。