気になっていたYD-2のステアリング剛性ですが、それを一気に解決するオプションパーツが出たので、早速交換します。
『YD-2用アルミ製ステアリングベルクランクセット』です。
IMG_9152a
アルマイト後に面取り加工が入っているので、お値段高め。 
取付前に、ノーマルとの重さを比較。
IMG_9153a
10gほど重くなります。

組み付け時に注意するポイントは、ステアポストのネジが緩まないように、ネジロック剤を使ってしっかり締め付けること。
IMG_9155a
硬いドリフトタイヤの振動で、よくここのネジが緩んでステアがグラグラになっていることがあります。

840ベアリングを付け替えて固定します。 
IMG_9156a
上下のガタは、シムで調整してネジ止め。

ノーマルプラの時の、ぐにゃっとした動きもなくなり、カッチカチです。 
IMG_9157a
ステアのガタがなくなると、今度はアッパーアームのガタが気になりだします。

フロントバルク位置に10gのウェイトを積んだのと同じことになるので、ステアリングブロックのウェイトも再調整しなきゃです。