ラリーに使用しているDIBは、”RS”なのでABSのバスタブシャーシです。
柔軟性があって扱いやすいのですが、サスマウントの取り付け強度(特にリア)に不安があったので、ちょうどよく手に入ったSSGカーボンシャーシに交換することにします。
IMG_9167a
サスストロークを稼ぐために、ダウンストップ用の出っ張りはカットしました。 
換装前に、バスタブシャーシでの重量を計測。
IMG_9168a

穴位置は一緒なので、裏側のネジを全部はずして入れ替えるだけ。
ただし、カーボンシャーシの方が2mmほど短いため、ベルトテンションは調整が必要です。

カーボンシャーシ換装後の重量は、34g軽くなりました。
IMG_9169a
 
ここまで軽くなるとは驚きです!
ラリーでは、軽さは武器になります。立ち上がりが良くなるのはもちろん、タイヤのスライドが少なくなるので、アンダーが減って曲がり易くなります。
また、タイヤの負担も減るので、タイヤのライフも長くなります。

マシン自体はどんどん良くなってきていますが、今シーズンは未だにラリーが開催れていません。
12月もどうなることやら……(´・ω・`)