谷田部の2階ドリフトコースで初めてPタイル路面を体験しましたが、以前のカーペットに比べてグリップしなさすぎなのには驚きました。
Pタイルで食わせるには、足回りのセットをもっと柔らかくする必要がありそうですが、さらにタイヤそのもののグリップを稼ぐために、前後ナックルにウェイトを付けてみます。

フロントはアルミに交換しているのでノーマルより5g程重くなっていますが、さらに6g追加。
IMG_9278a

使っていないネジ穴にSD用サスマウントスペーサーを利用して、ウェイトをネジ止め。 
リアにはウェイト用の穴が開いているので6gがそのまま取付できますが、もっとウェイトを積むためにYD-4用のリアハブキャリアを使います。
IMG_9279a
 
YD-2用が片側にしかウェイト固定穴が無いのに対し、こちらは前後2か所に取付できます。
そのまま6gを前後に付けて、+12gに。
IMG_9280a

もっと増やせないかといろいろ思案して、ABS板でこんなものを製作。
IMG_9282a
 
これをナックルに取り付け、
IMG_9284a

鉛のウェイト10gを張り付けます。
IMG_9285a
 スペース的に、もう1枚(10g)追加できそうです。

効果の確認は、今週末にでも行ってみます。