四駆の車で2万円以内に抑えようとすると、タミヤのTTをベースにすることになります。
そこでTT-02系を使用するとなると、『TT-02S』か『TT-02D』の2つが候補に挙がります。
 
しかしレシピを検討したところ、あとチョットが足りない残念な内容になってしまいました(;´Д`)
tt02s_d
【TT-02タイプSの場合】
tt02s114
 ボディが付いていないので、エルシノアの「プリント済みボディ(1800円)は必要。
そして付属モーターが540SHなので、ギヤ比を6:1程度にするのに「ハイスピードギア(860円)」&「フッ素コート0.6ピニオン(800円)」を入れるか、モーターを「スポーツチューン(1500円)」&「AVピニオン24T/25T(350円)」に変えることになります。 
tt02d_860
そうすると、タイヤを替える予算が無く、付属の「MNレーシングラジアル」で走ることになります。
タイヤの差はそのままタイム差になってしまうので、勝負になりません。


【TT-02タイプDの場合】
 tt02d_evo
「スポーツチューン」付属なので、「AVピニオン24T/25T(350円)」を買えばスピードは充分です。
ボディも付属しているので、予算をタイヤにまわす余裕もあります。
しかし、TT-02Dのリアトーインは0度...速度域が高くなると、リアトーイン無しは厳しくなりますが、TT-02のオプション「アルミトーインリアアップライト2.5度(3400円)」は高価なので、予算が全然足りません。
tt02d_3400
コーナリングスピードを抑えれば巻かずに走れるでしょうが、競り合っている最中にそんな余裕はありません。 

TT系を使うなら新しいTT-02にしたいところですが、戦うにはあと一歩及ばない感じです。