今更ですが、谷田部の外コースで京商の『ハングオンレーサー』を走らせる流れになりました。
そこで倉庫のダンボールを掘り返し、1992年当時に買ったマシンを引っ張り出してきました。
IMG_0266
ベースは『NSR500ガードナー』モデルで、当時乗っていたVFR400R仕様に改造されています。
前後のオイルダンパーは純正オプションが入っています。

耐久仕様のライトやゼッケン、ライダーのツナギも当時のNANKAIとお揃い。
IMG_0267

シートカウルのテールランプに、サードパーティー製のアルミ片持ちアームなど、VFRっぽく作り直してあります。
IMG_0268

メカ類はSANWAのCPRユニットが載っていましたが、周波数的に使用出来ないため現行のRX481受信機と京商のバイク用ESCに載せ換えました。
サーボのコネクターが旧SANWAタイプだったので、サーボ自体をハイテック製のミニサーボHS-85BBに交換しました。

バッテリーは600mAhのNi-Cdが載っていましたが、さすがに20年以上前のモノなので使えるはずもなく、Hobby KingのLosi MINI用のLi-Poバッテリーを用意しました。
HK1600
サイズもほぼ同じで、コネクターもそのまま使えます。

充電して走らせてみたところ一応走りはしましたが、使い込んだ古いマシンなので各部がガタガタで動きが怪しい...
再販された新品と比べると、ステアリング周りのガタが尋常でなく、ブレーキをかけるとフロントタイヤのジャダーが出てしまいます。
この辺のパーツは、再販品に要交換かな。
ライダーのジョイントパーツ類もゆるくなっていて、こけるとバラバラになるので要交換です。

来週末までにそのあたりのレストアを終えて、ちゃんと走らせたいと思います。