ハングオンレーサーでクラッシュすると、ライダー人形の手足がバラバラになることがあります。バラけることで衝撃を逃がし破損を防いでいる訳です。
手足のジョイントパーツが新しいうちは良いのですが、しばらくするとジョイントが緩くなってチョットの転倒でも簡単に外れるようになります。ジョイントパーツを交換すればまたしばらくは大丈夫ですが、いちいち手足を拾いに行くのもメンドクサイ...(´・ω・`)

そこでいろいろ調べてみると、ジョイントを輪ゴムに交換して対策をしているらしい。
しかし、普通の輪ゴムは劣化が早く見た目もイマイチ。
ということで、ホームセンターで良いモノはないか物色していると、水回りコーナーでちょうど良いモノを発見!
内径13㎜の平パッキンです。(・∀・)つ
IMG_0365a
価格は2個入りで200~300円ほど。
材質はニトリルゴムなので、天然ゴムの輪ゴムに比べて耐久性は段違いですし、黒色なのでノーマルジョイントとの見た目の差も少なく目立ちません。

わざわざ「平パッキン」じゃなくて「Oリング」でもイイのでは?と思われるかもしれませんが、「内径13㎜」というのが曲者で、Oリングの規格にはこのサイズがありません。

組込は簡単で、こんな風にジョイントパーツと入れ替えるだけ。
IMG_0386a
厚さ2mmとジョイントパーツとほぼ同じなので、加工も不要です。
関節部のクリアランスはノーマルと変わらず、ハングオンの姿勢変化時に余計なテンションも掛かりません。

交換後のテスト走行で石を踏んで激しく吹っ飛んだ時でも手足はしっかり繋がったままで、直ぐに走行に復帰できました。ショック吸収も十分なようで、パーツの破損も有りませんでした。