京商からオプションで出ているハングオンレーサー用『ハイグリップタイヤ』ですが、ゴム質が柔らかいうえに薄いので、付属のウレタンスポンジを入れてもヨレヨレでまともにグリップしません。
特にコーナリング時のタイヤの変形は致命的で、ステアを切ってもマシンが倒れ込んでくれず小さなコーナーが曲がれません。

そこで、インナーを「モールドインナー」に変更することにします。
とは言っても、専用品があるわけではないので(過去には有ったらしい)、オフロード用のモールドインナーを使って削り出します。
使用するのは、タバタの「オフロード用モールドインナー(ミディアム)」。
先ずはこれをハングオンレーサーのタイヤ形状に合わせてハサミで大まかに切ります。
切り出したインナーはオフロードホイールに両面テープで張り付け、タイヤセッターで回しながらヤスリで形を整えます。
IMG_0291a
モールドインナーが柔らかく遠心力で広がりやすいので、回転数は低めで。
フロントはフライホイールがあるので薄く、リアはオフロード用の厚さをフルに使います。
IMG_0292a

出来上がったインナーをタイヤに組んで完成。
IMG_0293a

オフロード用モールドインナーなので、形状を保ちつつも柔軟性があります。
おかげで、コーナー進入でマシンがスパッと倒れ込み、立上りでパワーを掛ければサッと起き上がってくれます。