専用のセッティングシートが出来たので、忘れないうちに書き留めておきましょう!
YD2TC_settingsheet_AE86TRUENO
AE86トレノの様な3ドアでリアウィンドウがなだらかな形状の車なら、大体これと同じでいいかと思います。(FCやFD、FT86等)
他のボディの場合は、ここからリアのロールセンターやトーイン、ダンパーを調整していけば良いと思います。

しかし、こうやってセッティングシートを書いてみると、素のYD-2TCの足回りの不自由さをひしひしと感じます。
只でさえおかしなサスマウント幅設定もそうですが、フロントキャスターが”7.5度”一択なのが辛いですね。「捲れない為」という目的になら確かに合致していますが、それ自体が「狭すぎるサスマウント幅と折り合いをつける為」という消極的なモノ。
リアトラクションのみで進むRWDにとって、コーナリング特性を決めるフロントのセッティングはとっても大事、チョー大事!
そのためにも、BD足であることはセッティング幅を広げるうえで”必然”と言えます。