先日塗ったATLUSの『フロンテクーペ』ボディを使いたいが為に、ATLUSの『BeaT』を新車で購入!(゚∀゚)アヒャヒャ
IMG_0559a
さすがは純正ボディだけあって、穴あけ位置はマーキング通りでした。
この『BeaT』は、ABCホビーの『ジェネティック』と足回りを共通とする兄弟車で、駆動方式がベルトドライブ4WDになります。(ジェネティックはシャフトドライブ)
IMG_0561a

ベルトは前後等長で、センタープーリーとスパーギヤは中央に位置します。
IMG_0563a
レイアウトはタミヤのTA05と同じ感じで、モーター後ろにESCが来ます。

付属のダンパーはプラシリンダーのスペーサーで調整するタイプだったので、ヨコモのYD-2ノーマルプラダンパーに交換して、ネジ式リテーナーで調整できる様にしておきました。
IMG_0562a
バンパーはフロンテボディのサイズに合わせてウレタンブロックから切り出しています。

標準スプリングは硬すぎてどうしようもなかったので、前後共ヨコモのブルーを使用。
前後のレバー比が同じなので、ダンパーはF:#350/R:#400にしました。

谷田部のカーペットで走らせるので、タイヤはSweepの『ミニツーリングタイヤ25』に『ミニモールドインナー(ソフト)』を用意。グリップ剤はスティッキーをF:内1/2/R:全塗りにします。
IMG_0564a

ニッ水時代のシャーシなので、バッテリーはチューブタイプしか載せられません。しかもLi-Poだと、重量が軽くて左右のバランスが偏ります。そのため右コーナー(メカが外側)で、捲れやすいので、バッテリー外側にウェイトを追加しました。
IMG_0566a
IMG_0567a
シャーシのふちにあったネジ穴を利用して、ポリカ板を固定してウェイトを50g貼っています。

ギヤ比1:5.8で、モーターはヨコモのブラシレス21.5Tと適度なスピード設定で走行開始!
シェイクダウンだというのに、いきなり快調に走ります。
デフにオプションのフロントワンウェイを組んであるので、コーナーアプローチは2WDのようにスルスルと入っていき、立ち上がりは4WDのトラクションでガツンと加速します。
等長ベルト駆動なので、スロットルを戻せばフロントにスムースに荷重が載り、グイグイ曲がっていきます。Mシャーシなのでもっとピーキーかと思っていましたが、Sweepタイヤがいい感じにグリップしてくれるので、安定したドライブが可能です。試しにESCのターボを入れてみたところ、ツーリング並みの気持ちイイ加速が楽しめました。

ラップタイムは21秒前半で安定していて、チキチキするにはちょうど良い速さです。このスピードなら、ビギナータイムにGTと混走しても邪魔にならないでしょう。

ということで、谷田部ではこの『BeaT』をメインに走らせて遊ぼうと思います。

YD-2TCはもう用ナシしなので、とっととメカを降ろすか!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \