モーター絶好調なYD-2Sですが、ドリフトアングルを付け過ぎると簡単に回ってしまう現象が出ています。
コレも谷田部で色んな人に見てもらったところ、サーボの動作範囲(EPA)に対してに舵角が足りていないことが原因らしい...
2駆ドリコンバ用のアルミステアリングブロックだと、レーバー比の都合で舵角が十分に取れてないようである。
そこで、YD-2シリーズ用フロントステアリングブロックVer.2に交換するとともに、サスアーム側も手を加えてみます。
IMG_1101a
Ver.2では、キングピンとステアリングピロボール間の距離が短く設定でき、ステアリングストップ用の穴が内側に追加されているため、ステアワイパーの作動量に対して、舵角が大きく取れます。
舵角が大きくなってもホイルがアームに干渉しないよう、ロアアームとアッパーアーム、ステアリングタイロッドのボールエンドを、アングル付きのものに交換。
IMG_1102a
車軸が後ろにずれるので、サスアームのスペーサーでアームを前に寄せておきます。

結果、舵角がここまでとれるようになりました。
IMG_1103a

舵角が増えたことでしっかりとカウンターが当たるようになり、ドリフトアングルを付けていっても破たんすることが無くなりました。