12月1日~2日に開催される「タミチャレクライマックス2018」の、ショップ対抗セミ耐久レースにて、チームYATABEアリーナが使用するマシンを組み立てます。
今回指定の車種は『コミカルグラスホッパー』です。

IMG_1214a
前回大会で使ったGF-01ヘビーダンプをドナーにして、ベアリングやオプションパーツ、RCメカを流用します。
IMG_1215a
IMG_1216a

GF-01をメカボックスまでばらばらにします。
IMG_1217a
ベアリングやギヤは共通なので、剥ぎ取り。

WR-02CBのギヤボックスの中身を入れ替えます。
IMG_1218a
これまでのWR-02と違って、ギヤボックス内のグリスが少ないので、洗浄の手間も無くサクサク進みます。

WR-02用に新たに用意したオプションは、「OP-1120 ハイトルクセイバー用アルミホーン(Mシャーシ)」
IMG_1219a
ステアリングの保持力が向上します。

シャーシの基本部分はWR-02シリーズ共通なので、説明書を見ることも無く組み立てていきます。
IMG_1220a
限定品のカラーやメッキのシャーシも、使えるって事ですね。

次はいよいよ、WR-02CBオリジナルの足回りです。