足回りは、新設計のWR-02CB専用ロングスパンアーム。
IMG_1221a
サブフレームやボディパーツ等も、同じランナーに入ってます。
サスアームは前後とも、7mmほど長くなりました。
IMG_1223a

相変わらずやわらかめの素材なので、ダンパーピロボールはネジの長いタイプを使用します。
IMG_1224a
Cハブには、「OP-1661 アルミハブキャリア 8度」を使って、ステア初期の動きを抑えてやります。

Fサスピンもオプションの「OP-1695 ステンレスサスシャフト&アルミサポートブリッジ」を使用。
IMG_1228a
シャーシ側のダンパーピロボールもシャーシ割れを防ぐために、15㎜ホロービスとピロボールナットを使用します。

今回のタミチャレクライマックスの開場が掛川サーキットなので、アスファルト路面のグリップに合わせ、リアには「OP-345 TL-01 トーインリヤアップライト」をチョイス。
IMG_1226a

サブフレームやバンパー、ダンパーを取り付け。メカ類はGF-01と配線の長さが変わらないので載せ替えるだけで済みました。
IMG_1230a

レギュレーション指定のFLチューンモーター。
IMG_1232a
Li-Feバッテリーとの組み合わせだと、速度はかなり控えめです。

ESCは懐かしのヨコモ「SCR6712」
IMG_1231a
型は古いですが、12Tまで対応のハイパワーESCです。

シャーシが組み上がったら、バッテリーを繋いでステアリングのニュートラルや、ESCのハイポイントを合わせてやります。