ラリーのようにギャップのある路面を走る場合、フロントのサスマウントにはスキッドを付けて足を動き易くししてやります。
TT-02Sそのまんまではフロントスキッドは水平なので、TT-02Bのフロントサスマウント周りを使用します。
IMG_7128a
ここまでスキッドが付けば、ギャップ走破性はもちろん、低グリップでもフロントへの荷重移動がし易くなります。オフロードを走るには十分でしょう。
リアスキッドは無くてもとりあえず問題なし。トーインも3.5度と丁度いい量なので、そのまま使います。

次はラリー用の足に必要な、リバウンド側のストロークを確保するための加工を行います。
フロントサスアームのCハブが当る部分を、斜めに削ります。
IMG_7131a

加工の前後で、ここまでの差があります。
IMG_7132a

ダンパーステーは、イーグル製のドリフト用カーボンダンパーステーを使います。
TNレーシングのようにダンパー取付穴が二段になっていて、ダンパーストロークをフルに使えるようになります。

フロントダンパーはステー上側の穴を使い、TRFダンパーをフルストロークで使用。
IMG_7183a

リアダンパーは、MF-01用を使用します。
IMG_7182a

とにかくラリーカーの場合は、リバウンドストロークを十分に確保して地面からタイヤが離れないようにするのが大事! ギャップではねた車が、明後日の方向に吹っ飛んで逝きますから...

インナーボディーは、TT-02Bのバギーボディがそのまま使えます。
IMG_7147a
隙間は、ホームセンターなどで売っている、ドア用スポンジテープで塞いでやります。