コロナ渦の中、県境移動を控えて谷田部から遠ざかってRC活動を自粛していましたが、防疫対策も十分だろうということで、「谷田部アリーナ」改め「つくばRCアリーナ」に行ってきました。
おととしの走り収めからなので、ほぼ丸1年ぶりのラジコンになりますね。
IMG_2326a

リハビリに、RWDのM-08を走らせます。
車の仕様はタミチャレレギュで、セッティングも1年前のままと確実に走る状態なので、あとは人間次第というわけです。

コースレイアウトはなかなかにテクニカルで、「こりゃキビシイか?」と思いましたが、走り始めてみれば、ぶつけることもなく10分間走りきることができました。
けれど、ステアリングとスロットルの連携がRWD的に怪しく、ラインがきれいに繋がりません。
ラップタイムも13.5秒~12.9秒とばらつきが大きく、納得いかない結果でした。

さらに走行を重ね、3パック目でようやくステア&スロットルの感覚が戻ってきて、コーナー進入から立ち上がり、次のこーなえの繋ぎ等がスムーズになり、ラップタイムも13.0秒~12.7秒と安定してきました。

4パック目では、車の動きだけでなくコースを広く見渡せるようになり(集中が高まった状態)、12.7秒~12.5秒のラップが続きます。
しかし、集中持続時間は1分少々が限界(´・ω・`;)
ブランクのツケはこんな処に潜んでましたか……