MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

谷田部レース

ヨコモの『GT全日本選手権2011』です。

今年から始まった、ヨコモの『GT500』のシリーズレースの最後を飾るのが、この『GT全日本選手権』。
各地のサーキットからは、ポイントTOPの選手が招待され、谷田部のラウンドレース上位やヨコモGP上位の選手も含め、140人以上が、谷田部アリーナに集まりました。
IMG_2051
うち、GTストックのエントリーは54台。しかも、腕に覚えのある面子が集まっているので、厳しーレースになりそうです。

マシンのセットは、先月のヨコモGPのまま。
IMG_3444a
Fスプリングにスーパーソフト、サイドスプリングにミディアムで、積極的にロールさせる仕様です。
続きを読む

ATS(アジア・ツーリングカー・シリーズ)に向けて、BD5を準備

11月19日、20日に谷田部アリーナで開催される、『ATS(アジア・ツーリングカー・シリーズ)』に参加することにしました。
せっかく『BD5』があるのに、ヨコモGPのSSツーリングを21.5Tで走らせるだけでは、もったいないしネ(`・ω・´)

ATSの『ツーリング・プロストッククラス』では、アンプはヨコモの『BL-SP2』、モーターは『ZERO-Rシリーズ13.5T』、タイヤはライドの『RE28』が指定で、しかも7000円のエントリフィーで、これらが支給されます。お得な上に、「アンプのブースト無し」というのが、始めるにはちょうどいいと思ったからです。

ということで、手元にある『BD5』を、13.5Tで走らせるための準備をします。
IMG_3275a
高ターンモーター用に、デフが”F:ワンウェイ/R:ボールデフ”だったのを、13.5Tに対応させます。

で、買ってきたのが、『アルミ製 ソリッドアクスル』と『ギヤデフユニット』。
IMG_3277a
谷田部アリーナ23周年記念特価の2割引で購入。(・∀・)続きを読む

タミチャレ関東選抜 in 谷田部アリーナ

ヨコモ系列のサーキットである谷田部アリーナで、なんと『タミヤチャレンジカップ』が開催されました。
IMG_3231a
で、実はタミチャレ初参加だったりします。
参加者の顔ぶれを見ると、先週のタミグラと似たような感じで、チャレンジャークラスがゴロゴロ...タミチャレファイナルかよ('д` ;)

タミヤから、前住氏もゲスト来てました。当然レースにも参加。
IMG_3261a

クラスは『タミチャレX-1』と『M-チャレンジ』。もちろんWエントリー(`・ω・´)
IMG_3232a
使うマシンは、『TA06』と『M-06』です。続きを読む

谷田部アリーナでタミチャレ開催決定!

谷田部のスポーツコースができたころから、鈴木所長が「タミヤのレースもやってみたいですね。」と話していたんだけど、それがついに現実のものとなりました。

10月29日に、谷田部アリーナのスポーツコースで『タミヤチャレンジカップ関東選抜』が開催決定です!
o0800113011524390260

スポーツコースでは、ドリフトの人達の間でタミヤのMシャーシが大流行だから、こういう流れになったのかな?
しかし、タミチャレレギュとなると、先日の谷田部ラウンドのときみたいに、タミヤ製のモーターとバッテリーがネックになるので、結局いつものタミグラ参加者が集まることになりそうです。
それでも、タミチャレの練習に訪れる人が増えるのであれば、アリーナとしては万々歳でしょう。

もちろん、『タミチャレX-1』&『M-チャレンジ』のWエントリーで行きますよ!(`・ω・´)

谷田部GWオフロードチャンピオンシップ

いつもは5/5の開催ですが、今回は気を利かせて、次の日が休みになるよう5/4開催になった『GWオフロードチャンピオンシップ』
CIMG1716a
6:30の開門から9:00までは練習走行です。

今回は2WDとビンテージのWエントリーです。
CIMG1719a
2WDはもちろん『あーるみー4G』
CIMG1718a
ビンテージは1989年発売の『マンタレイ』

【ビンテージクラス予選第1ヒート】

4WDマシンなのでモーターはチェック済みの35T、バッテリーはSub-C限定なので、大人気なく『ひろさかマッチド4600(Aクラス)』を投入。
CIMG1725a
ちなみに2WDは27Tモーターになります。

ふつうの2WDや4WDの場合は、スタッガースタートですが、ビンテージクラスは4分間の周回レースで、「ヨーイ・ドン」の一斉スタート。
いかにスムーズに、絡まず1周目を周れるかがキモです。

スタートからトップに出て、そのまま順調に周回。ウィングを換えてから初めての走行なので、ジャンプは姿勢を確認しながら飛べるところ/飛べないところを見極めていきます。
様子を見ながらの周回なので、多少タイムは抑え気味で走り、とりあえず11週4分16秒でトップゴール。

【2WDクラス予選第1ヒート】

朝の練習ではノーマルスポンジインナーのパンサー/クレイが良かったので、そのまま予選を走ることに。
モーターはスピードパッションのVer.2.0の8.5Tを積んでマッタリ走らせます。

スタートして最初のコーナーで、リアがまったく喰っていない?!
今日は気温が高く、路面の乾燥が想像以上に早いようです。

さらに、安全を見過ぎたモーターチョイスで、ストレートでことごとく置いて行かれました。

ヒート中7番手、14週5分11秒とサッパリな結果に。

そこで、乾いた路面と相性の良い『モールドインナー』のタイヤに交換。
inner00001

モーターもヨコモの『ZEROブラシレス8.5T』(進角2目盛戻し)に交換します。
CIMG1727a

さらに、コーナーでフロントが入りすぎて巻き気味だったので、FスプリングをHPI62.5→京商65にして固めます。
CIMG1726a

お昼を挟んで午後からは予選2ヒート目が行われますが、その前に『ビーストアイ』で活を入れます。
CIMG1721a

【ビンテージクラス予選第2ヒート】

車の動きも掴んだので、スタートからかましていきます。
11週4分11秒にタイムアップし、ポールポジションGETです。

【2WDクラス予選第2ヒート】

モールドインナーは期待通りのグリップを魅せてくれます。
立ち上がりもしっかりパワーが掛けられるので、気持ちよく加速していきます。
しかし、Fスプリングを固めたためにジャンプで若干頭上がりになり、コーナーもニュートラルでは曲がってくれないので、ブレーキを軽く当ててやります。

車としては良い状態なのですが、操作感の違いに対応しきれず、14週5分5秒と若干のタイムアップに終わりました。
結果、75台中58番手で、Fメイン7番手になりました。

【ビンテージクラスAメイン決勝】

せっかくポールを獲ったのですが、決勝のグリッドは『逆グリッド』になりました。つまり最後尾(´・ω・`)
まあ、速さよりも古い車で楽しむのが目的のレースなので、この方が面白くてイイか(・∀・)

予選では、2位のサンダーショットがほぼ同じタイムで付けているので、実質、彼との一騎打ちになります。

スタート直後の混乱を見切って、1周目を3位で帰ってきます。
2週目の中間セクションで先頭の2台をパスしてトップに立つと、そこからは予想通り、サンダーショットとのバトルになりました。
1~2秒差で先行しながら、周回遅れを確実にパスしていきます。
タイムアップの最終周で、周回遅れの一団が現れましたが、2位とのマージンを確認しながら慎重に裁き、TOPでゴール!
CIMG1735a
0.5秒差しかないよ( ̄0 ̄;)アブネー

【2WD Fメイン決勝】

7番グリッドから、スタート直後の混乱をかわして4番手に浮上。
車にも慣れてきて、抜きつ抜かれつのバトルをしながらしばらく走っていましたが、ストレートで突かれて転倒!Σ(・ω・ノ)ノ
後続車がいたため、マーシャルが入れずに、最下位まで後退してしまいます。
そこからは、ひたすら前の車を追いかけて行きますが、最終的に8位でタイムアップ。

路面に合わせてセットを変えたり、やっぱり、オフロードはやることが多くて大変です。
「セッティングの引き出しをもっと増やさんとイカンなーっ(´・ω・`)」
と思いました。
CIMG1749a

谷田部インターナショナルオフロードグランプリ2010【2日目】

2日目は『ストッククラス』『4WD』『ワールドクラス4WD』が行われます。
CIMG1285a

『4WD』にエントリーしたので、今日は『B-MAX4』を走らせます。
CIMG1291a

続きを読む
第58回全日本模型ホビーショー

カテゴリ別アーカイブ


RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd
月別アーカイブ

楽天市場
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気