MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

タミヤ マンタレイ

マンタレイを手に入れたよ(シャーシ組立て編)

いきなり、オプションのボールデフから組んでいきます。
マンタレイ用ボールデフの定番裏技、スラストベアリングを1150ベアリングに交換します。ベアリングを押さえるスプリングワッシャーは、2枚に減らします。
CIMG0756a
ついでに、センターのビスを『DT-02ボールデフ用段付きビス』に交換して、ジョイントカップを抜くだけで外から調整可能にします。

前後2セット組んでデフ終了。
CIMG0759a

ジョイントカップのセレーションにはゴム系接着剤を薄く塗って抜けと削れを防止します。
CIMG0764a

次はギヤボックスにかかります。

スパーギヤは、TA02シリーズ用『OP-127 スピードチューンギヤセット』で一番ハイギヤになる66Tを使います。これでギヤ比6.7~5.55までいけます。
ギヤシャフトはもちろんカーボンに。
CIMG0760a
ギヤにはボールデフグリスを薄く塗っておきます。

リアと同様にフロントも組立て。
CIMG0765a

ビス類はM03からむしり取ったチタンタッピングビスを使用します。
CIMG0762a
ギヤボックスのふたの周囲に薄くグリスを塗って、ホコリ止めをしてから閉めます。

ギヤボックスができたら、シャーシに組みます。
シャーシは『マンタレイ用FRPシャーシ』を使用。
CIMG0767a
FRPの断面は、ヤスリで整えて瞬間接着剤を流してめくれを防止。

センターシャフトを取付けながら、前後のメカボックスを組み付けます。
CIMG0769a

足回りを組みますが、ドライブシャフトにユニバーサルを組みます。
マンタレイには同系のハイエンドであるトップフォースのユニバが使うように指示がありますが、いまどきそんなものが簡単に手に入るわけもなく...(´・ω・`)

しか~しっ!ちょうど良いサイズのオプションがあったりします。
この『OP-791 DF-02アッセンブリーユニバーサルシャフト』だ!
(`・ω・´)
CIMG0770a
グレーのトップフォース用と比較してもサイズは同じで、そのまんま使用可能!しかもばらしてメンテできます。
これを2セット用意して、前後に使用します。

ホイルハブは『OP-569 クランプ式アルミホイールハブ(6mm)』を使用して、前後アップライトに組みます。
CIMG0772a

アッパーアームやタイロッドには、トップフォースEVO用の『OP-109 ターンバックルシャフトセット』を使います。

ひとまず今日はここまで組みあがりました。
CIMG0774a

次はメカ積みとダンパー組立てです。

マンタレイを手に入れたよ(準備編)

オクで当時モノの『マンタレイ』のキットを見つけました。
CIMG0755a
こいつは1989年発売のモデルなので、谷田部ラウンドレースのビンテージクラスに参加可能なのがミソ。

素組みでは当然納得できないので、更に『トップフォース』や『TA02』のオプションパーツ類をかき集めました。
CIMG0754a
ダンパーは走りの肝なので、タミヤの『エアレーションダンパーセット』を用意。

足回りやギヤボックス等のパーツは、タミヤのカスタマーから取り寄せて、本気で走らせる準備も万端(・∀・)

今日からぼちぼち組み立てていきます。

カテゴリ別アーカイブ


RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd
月別アーカイブ

楽天市場
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気