Sになって、リバウンド側のストロークが大きくとれるようになったため、これまでのドリフト用ホイールではアッパーアームにホイール内側のエッジが干渉するようになってしまいました。
RPブランドのドリフト用ホイールは、この内側のエッジが面取りされて干渉しにくくなっています。

そこで、従来ホイールを加工してみました。
IMG_0844a
タイヤセッターでホイールを回しながら、リューターでエッジを削ります。続きを読む