MachineのRC道

タミヤさんやヨコモさんのオフィシャルレース活動を中心に、日々のラジコン活動やセッティングなど綴って参ります。最近ドリフトも始めました。
記事に対するご意見・ご質問は、コメントにて受け付け中(・∀・)ノシ

TA05MS

GT500を稲毛で走らせてみた。(TA05MSも)

ヨコモのGT選手権開催決定をうけ、稲毛のFreaks Garageサーキットで『GT500』を走らせに行ってきました。ついでに『TA05MS』でバッテリーの慣らしも。
IMG_1569a

GT500のボディは、オーバーハングが短くロールが速くて大きいので、コーナリングが軽快な『HSV010』を使用。
IMG_1578a

ブラシレスモーター21.5Tを使うので、バッテリーは容量に余裕のある『LiPo4000』を使用します。
IMG_1571a続きを読む

ブラシレスモーターの確認と、TA05MSのセッティング

カスタマーから戻ってきたブラシレスモーターの確認のため、TA05MSを走らせに行きました。
IMG_1556a

ストレートで回りきったときでも、「ヒュイーン」という軽快な音がするだけ。
前のモーターだと、ニュートラルブレーキがきつかったのですが、それもなくなってドライブし易い。

先週と同じく、Li-Po4000mAhで試しに計ったタイムは、”10.944秒”とちょっと遅い。
IMG_1542a

ニュートラルブレーキが弱くなったために、ターンがおとなしくなって後半が曲がらない。曲げようとすると舵角が多く必要で、S字の切り返しやコーナーの繋ぎがもたつく。つまり、舵角に対するターンのアールがイメージと異なるので、マシンをラインに乗せるのが困難でタイムが出にくい状態です。

「モーターが正常になったことで、タイムが落ちるとは...(´・ω・`)」

先週のセッティングは、あくまで偶然に決まっていたという訳です。
ということでここからは、普通のモーターを付けた場合の『TA05MS』のセッティングを詰めていきます。続きを読む

TA05MSを走らせに行ったけど、モーターが...

『タミグラ11』のレギュレーションに合わせた『TA05MS』を走らせに、稲毛のインドアサーキットに行きました。
ついでに、ここには初心者専用のコースがあるので、最近RCを始めたばかりのfamicomplexくんをサーキットデビューさせてみます。

TA05MSのボディーはNSX2005(軽量)、タイヤはTYPE-Cです。
IMG_1518a

セッティングは『峠NE'X』のままで、車高のみF:5mm/R:5.5mmにします。

久しぶりのTA05MSですが、あまりにも普通に走ります。というか、すごくよく走る。
『ストリートボディ』+『MNラジアル』と『GTボディ』+『FM TYPE-C』とでは、ほぼ同じセットでいけるみたいです。

1パック目からいいペースでラップし、タイムも”10.692秒”となかなか。
IMG_1524a

しかし、一緒に走りに行ったひろくんから、「なんだか音がおかしくない?」とのつっこみが入る。
バックラッシュが合ってないのかもと思って、ピットで調整してみるが変化なし。
続きを読む

タミグラに向けて、ひとまず『TA05MS』でも

6月末のタミグラの『タミグラ11』クラスにエントリーという目標は決まったので、『TA06PRO』が出るまでは、ひとまず『TA05MS』でレギュにあわせて走らせようと思います。

というわけで、タミヤのブラシレスアンプ『TBLE-01S』とブラシレスモーター『TBLM-01S(16T)』を載せてみました。
IMG_1506a
続きを読む

カテゴリ別アーカイブ


RC Maniax協力サイト


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンRCカーへ
にほんブログ村

Rank33.com

GoogleAd
月別アーカイブ

楽天市場
記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
google+1
ここをクリックすると、google検索の順番が上がるそうです。

東京都の天気